外耳炎 ~おウチのワンちゃんは毎年起きていませんか?~

 こんにちは!獣医師の橋本です。
 
最近暑い日が続いてきましたね!梅雨になり、高温多湿な時期は人にも動物にとっても過ごしづらい日が続きます。
 ところで、ワンちゃんにとってこの時期に起こりやすい病気があります。
 それは「外耳炎」です!
 外耳炎は意外と多くのワンちゃんに見られており、実はお家のワンちゃんが外耳炎になっているかもしれません。
 
 
外耳炎のサインって?
実は前から外耳炎になっていたけれど気づかなかった・・・、ということは意外とあります。ワンちゃんは喋って教えてくれないので、外耳炎になる子はどういったサインがあるかを知っておく必要があります。
  1. 耳を後ろ足で掻く
  2. 頭を床や物にこする
  3. 頭を振る
  4. 耳垢がたまる
といったサインがあります。①だと外耳炎を疑うご家族は多いですが、②と③の場合だと癖でよくやっていると思って見逃していることがあるので、ご注意を!
ただ、外耳炎だけなら掻かないようにしていれば「自然に治るから病院に来なくてもいいのでは?と思う方もいらっしゃると思います。
実は、外耳炎単体で起きることはなく、他の皮膚トラブルがあるかもしれません。
 
 
外耳炎の原因って?
実は外耳炎が単体で起こることは少なく、何かしらの皮膚トラブルが根本にあることがあります。「細菌」、「耳垢」、「高温多湿」が外耳炎を直接引き起こすものと思われる方もいますが、実はそういうわけではありません! 
まず、外耳炎を直接引き起こす原因として…
  1. アレルギー
  2. 異物(草、コバエなど)
  3. 外部寄生虫(主にミミダニ)
  4. 脂漏症
  5. 甲状腺機能低下症
などがあります。
特に両耳を慢性的に痒がる子の場合は、9割以上が「アレルギー」絡みと言われています。
その為、「細菌」、「耳垢」、「高温多湿」は、外耳炎の根本的な原因ではなく、外耳炎の悪化又は発症のリスクをあげるもので、一回発症してしまった外耳炎は「対症療法+原因の除去」をしないと、慢性化または再発する可能性が非常に高いです。
 
 
治療方法って?
まず、行っていく治療は…
  1. 外耳炎を悪化させる原因の除去(主に耳掃除)
  2. 現在起きている炎症を抑える
  3. 再発の防止
  4. 外耳炎を引き起こした原因の除去
まず、最初の治療に重要なポイントは①と②です。
①は、主に「耳掃除」がメインになります。外耳炎の悪化には細菌やマラセチアという真菌もかかわると言われていますが、耳垢がそれらの増殖に大きくかかわっています。その為、抗菌薬や抗真菌薬を使わず、耳掃除をすることで耳の環境を整える必要があります。
しかし、基本的には自宅で耳掃除は行わないようにしてください。中途半端な耳掃除、洗浄液の残留、耳道壁の損傷は外耳炎の増悪に繋がりますのでご注意ください。
②は、点耳薬を用いることで炎症を抑えます。1日1回の点耳薬や1週間に1回の点耳薬があるのでその子に合った薬を処方します。
③では、①と②で抑えた外耳炎を再発するまでの期間を延ばすことが必要です。これは「プロアクティブ治療」といって、人でも用いられている治療方法です。点耳の頻度を減らして行う方法で、ワンちゃんのかゆみによる負担やご家族の点耳の負担やワンちゃんとご家族の病院に来る負担を減らすことができます。
④も、①と②で症状を抑えた後に行っていきます。初発で他の皮膚症状が出ていない子は③を行うことが少ないですが、耳以外に体を掻く子や慢性経過の子、再発する子には行っていきます。詳しい治療方法は、その原因によって様々ですが、もしご自宅のワンちゃんが繰り返し耳を気にする場合は一度ご相談ください!
 
 
外耳炎は発症すると、症状が目に見えやすい病気ですが、他の皮膚の病気と比べて皮膚の状態までは分かりづらいです。
そこで当院では、「ビデオオトスコープ」という機械を導入しています。この機械では、「耳道内洗浄」や「異物の除去」、「腫瘤の切除」ができます。そして、ご家族にもワンちゃんの耳の中の状態を知ってもらうことで、現状や治療経過を獣医師とご家族の間との認識の共有ができることに優れています。





実際にビデオオトスコープで撮った写真です。

 

外耳炎になった時の痒みはワンちゃんのQOL低下につながるため、ご家族の気づきがQOL向上につながります。
もし、耳の状態が少しでも気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にご来院ください

予防キャンペーンと新入社員紹介✨

こんにちは☺️看護師の上川です🪼桜が咲いてきてお花見シーズンになりましたね🌸

愛犬とお散歩しながら桜を楽しみましょう🐶

皆さん愛犬のノミダニやフィラリアの予防は完璧でしょうか❓

まだしてない方は早めに対策していきましょう‼️

フィラリアプロハート注射早割キャンペーンが4月15日までとなっています。

1回の注射で1年間効くので毎月飲ませるのが大変、アレルギーや好き嫌いがある子などにおすすめです。

フィラリアまとめ割キャンペーンが5月31日までとなっています。

飲ませるタイプのお薬は牛肉の風味がついており、おやつを喜んで食べる子にはおすすめです。

また、ノミダニとフィラリアが1つになったオールインワンタイプもありますので気になる際はスタッフまでお申し出ください🙇🏼‍♀️

同様に健康診断キャンペーンも5月31日までとなっていますので、ご利用ください。

 

この度、2024年4月から新たに2名の新入社員が入社しました‼︎✨

趣味や患者様へのメッセージ等は、後ほどスタッフ紹介ページにも掲載しますので是非ご覧下さい。 

今後ともかとり動物病院をよろしくお願いいたします。

 

 

🐈猫ちゃんの膀胱炎のサイン見落としていませんか?🐈

 🥢こんにちは!獣医師の橋本です!📕

 早速ですが、おウチのネコちゃんが「トイレ以外でおしっこをする(不適切な排尿)」 「頻尿」「排尿時に痛がって鳴く」「血尿が出る」と言った行動をしていませんか?

 もし、これらの症状が見られた場合、膀胱炎になっているサインかもしれません。

 膀胱炎は、大きく分類して「特発性」「尿石」「細菌感染」「腫瘍」によるものがありますが、今回は猫の膀胱炎の中でも発症率が多い「特発性膀胱炎」についてご紹介します!

 

 

特発性膀胱炎って? 

 特発性膀胱炎は、特に明確な原因がないにも関わらず、引き起こされる膀胱炎です。膀胱炎になった猫ちゃんの半数以上がこの膀胱炎になっていると言われ、再発率が高く、3年以内の再発率は60~65%の猫が再発すると報告されています。なので、過去に膀胱炎にかかった子は特に猫ちゃんのおしっこ事情に目を配りましょう!

 

 

特発性膀胱炎になりやすい子は? 

 特発性膀胱炎は、「じっとしている(運動不足)」「肥満」「周囲の環境の変化(ストレス)」「室内での多頭飼い」の子に多いと言われています。

 特に肥満は他にも色々な病気になるリスクがあります。かわいい我が子を前にするとついつい沢山のおやつをあげがちですが、心を鬼にしておやつを減らすことも必要かもしれませんね…

 

 

どんな症状が見られるの?

 最初にも挙げたように症状としては、

①トイレ以外でおしっこをする(不適切な排尿) 

②頻尿 

③排尿時に痛がって鳴く 

④血尿が出る と言った行動が認められます。

 ただ、①は必ずしも膀胱炎で認められるわけではありません!!!

 猫はトイレの種類、猫砂の種類、敷物の素材の好みがあり、特定の場所を決めて排泄しています。その為、トイレ環境が好みでない場合やトイレが汚れている場合にも不適切な排尿が認められる為、他の症状も認められないかも見るとよいです。

 

 

どんな治療と予防をするの?

 特発性膀胱炎は悪化と改善を繰り返すため、完治ではなく、症状の軽減と再発までの期間を長くすることが目的となります。また、原因が特定されているわけではないため治療方法は、主に起きている症状に対しての治療(対症療法)と環境の改善になります。

 環境の改善には、

①トイレの変更や管理の改善 :トイレの大きさは適切か、猫砂の匂いを嫌っていないか、常に清潔にしているか、猫砂の素材を嫌っていないか

②食事の変更 :尿石予防の食事、又は特発性膀胱炎予防の食事の変更

③飲水量の増加 :新鮮さ、水の深さがその子にとって適切か、流水にする、ドライフードをふやかしてあげるなど

④ストレス発散 :おもちゃや遊ぶ時間を増やす、散布器による警戒心を弱めるフェロモンの散布

⑤同居猫との接触の制限:食事、水飲み場、トイレなどの場所を増やすことで猫同士が鉢合わせする可能性を下げる

といったものがあります。

 予防も①~⑤も同様に行っていきますが、特にお水を飲む量が膀胱炎の予防に効果的と言われている為、お水を飲んでもらえる工夫をよりしていくといいですね!

 

 

 特発性膀胱炎は自然治癒することがありますが、悪化し尿路が閉塞すると重篤化し、命に関わることがあるので、普段の生活に変化がないか気づき早期治療を行うことがとても大切になります。また、特発性膀胱炎以外の膀胱炎の可能性もある為、その場合それぞれの症状によって治療方法が変わるため、いずれかの症状が認められた場合、原因を見つけるために、おしっこを持って来て、一度尿検査をすることをお勧めします。